清志郎逝く・・・

  • 2009/05/03(日) 16:53:47

5月2日午前0時51分、がん性リンパ管症のため58歳の若さで日本のキング・オブ・ロック、忌野清志郎が逝った。

訃報を知ったのは昨晩深夜、新宿ゴールデン街・Sちゃんのお店で飲んでいた時だ。その日も22時前に店に入り、いつものように店内で清志郎の「完全復活祭」DVD映像を楽しんでいた。

その後、役者・Mちゃんもお店にやってきて久しぶりの再会。そんな中、Sちゃん宛てに一報が届く。

清志郎の突然の訃報に絶句。うそだろ。信じられない。信じたくない。

頭を抱える。そして自然と涙が溢れてきた。。。

清志郎大好きなSちゃんも同様。もうお店を開けている気分じゃない。早々に店を閉め、二人で悲しみに暮れながらJさんのお店へ。

Jさんのお店でも勿論清志郎の音楽が流されていた。それから何を話したんだろう。思い出せない。清志郎のライブに行ったときの思い出やそこでの清志郎のパフォーマンスや歌声が蘇る。

結局最後はMちゃん&Hさんのお店へ移動し、そこで飲みつぶれ、朝を迎えてしまった。

どんな苦境でも乗り越え、僕らの前に元気な姿で復活してくれると信じて疑わなかった清志郎が逝ってしまった。本当に大好きで大好きで、いつも彼の音楽を聴きながら日々を過ごしてきた僕の中にぽっかりと大きな穴が開いてしまった・・・。

とにもかくにも、最後の最後までガンと戦い続けた清志郎には本当にお疲れ様でしたと伝えたい。そして、ありがとうと。

悲しんでばかりはいられない。だってそれが清志郎の生き方でもあるわけだから。何よりも清志郎の残した音楽は永遠に不滅。これからも清志郎の音楽に沢山の勇気や元気をもらうことだろう。

この記事に対するコメント

憔悴しきってます…
あえて曲を聴かずにいたのですが
矢野顕子との「ひとつだけ」を聴いた瞬間
涙あふれて…

ボクが泣くのをとてもいやがるのさ

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

“ロックの神様”逝く…忌野清志郎さんが58歳で死去

ロック歌手の忌野清志郎さんが2日午前0時51分、がん性リンパ管症のため死去した。58歳だった。近親者のみで密葬を行い、9日の告別式(東京・青山葬儀所)は一般の弔問も受け付ける。