今日のランチ:高田馬場・「つけめん こんぺい」

  • 2007/10/29(月) 15:51:28

今日のランチは先週高田馬場に開店したばかりの新店、つけめん「こんぺい(KONPEI)」へ。早稲田通り沿いのTUTAYA高田馬場店の角を神田川方面に曲がってしばらく行くと左手にある。

ちなみにネット検索では他にも同じKONPEIの文字を書くラーメン屋が存在する。チェーン店というべきか、暖簾分けというべきか。


店頭にはお祝いの花輪にまぎれて、なぜかこんな人形も。ちょっと邪道。っていうかいろんな意味で大丈夫なのか? それともスポンサーだったりする?(^^;)


こちらが「こんぺい」のメニュー。
「こんぺい」のメニュー

つけめんを謳っているということで、無難に「つけめん」(750円)を選ぶ。


魚粉のたくさん入ったスープは及第点もオリジナリティは感じられず。その味はどこかで口にしたような印象が残る。麺は多加水麺でなめらかでソフトな食感。個人的には少しコシのある麺の方が合うと思うんだけどなぁ〜。残念。大き目のメンマのシンプルな味は旨かった。

このお店独自のものがあまり感じられないため、特段お薦めしないが、まあ無難に食べれるお店、といったところか。ラーメン好きの人の訪問が一巡したあたりが勝負の分かれ目か・・・。

この記事に対するコメント

無題

鬼子母神周辺の写真、すごく良く撮れてますね。また次回の唐組のときにもどうぞ来てください。

マリネさん、先日はずうずうしく(←いつもですね(笑))長居させていただいちゃいました。有難うございました。

あの後、気になってネットで「時かけ」を検索してみましたが、どうやらアニメは原作の約20年後の世界を描いた原作小説とは異なるもののようです。で、叔母の名前は芳山和子。原作の最後と繋がるかどうかは別として、やっぱり約20年後の原田知世かと・・・(^^;)。

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL