CP+2013に行ってきた

  • 2013/02/03(日) 23:00:40

穏やかな天気となったこの日曜。朝イチで洗濯をすませ、寄席に行くか、CP+というイベントに行くか悩んだあげく後者を選択。

そんなわけで朝10時にはみなとみらいのパシフィコ横浜へ。
CP+(シーピープラス)はカメラと写真映像の情報発信イベント。カメラやレンズなどの最新機器が展示され、プロカメラマンが登場する各種講演・ステージも多く、老若男女多くの来場者で賑わっていました。

特にこれが見たい!という目的はないものの、足は自然と自分が持っている製品メーカーのブースに。

キヤノンブースではプレゼンテーションステージ「写真家×開発者トークショー」をつまみ食いな感じで2つ立ち見。米 美知子氏の回と公文 健太郎氏の回を。

トークも上手で話も面白く、カメラ素人のボクも楽しめ、勉強になったのがシグマブースの 小澤太一氏の「 シグマで写す小澤太一海外の世界」。
彼が他にも出ていたキヤノン「EOS学園セミナー コザワ流! EOS 6D 活用術」も後半少しだけ立ち見。GPS機能のついたEOS6Dを持って先の大雪の日の深夜からおよそ丸一日の過酷な都内カメラ旅の様子を写真とともに紹介する内容で大変興味深い内容でした。この小澤さん、頻繁に松屋通いするボク以上に松屋好きだな(笑)←わかる人にしかわからない

オリンパスブースの「 写真のチカラ~岩手陸前高田~」もとても心に沁みた。講師はフォトジャーナリスト安田菜津紀氏。東日本大震災で義母を亡くした彼女が、被災の様子とそこから歩を進める家族や陸前高田の人たちの姿を、時にジョークも交えながらも静かに、だけれども力強く伝えていた。写真はもちろんだが、彼女が発するコトバの一つひとつにとてもチカラを感じた。

午後になり混み具合も増し、コンパニオンに群がるカメラオヤジたちにも嫌気がさし、早めの退散を決めた。

渋谷で降り、遅めのランチを求めて歩く。気づけば原宿・表参道を過ぎていた。東郷神社に近い「中華そば つけ麺 一(はじめ)」に入り、つけ麺ではなく特製鶏そばを注文。

「中華そば つけ麺 一(hajime)」の特製鶏そば

その後バスに乗り新宿へ。珈琲ショップで読書後、最後の〆は新宿G街。BンズのHさんお手製焼きうどんを食べつつ、ちょっとのアルコールを楽しみました。

あぁ、充実の日曜日。

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL