落語みて徹夜して仕事して・・・

  • 2009/11/08(日) 23:23:00

7日(土)、毎年恒例の吉祥寺・前進座劇場の「寄席《噺を楽しむ》その四十、柳家小三治」を観てきました。

この「前進座劇場プロデュース〜寄席・噺を楽しむ〜」は1998年に第1回(この時は志ん朝が出演)が行われてから毎年回を重ね、今回ついに40回を迎えました。ボクは2005年か2006年の小三治の回にSちゃんら落語好きの面々に誘っていただく形で観に行って以来、毎年小三治の回は欠かさず観に行っている次第。
継続は力なり!ほんと前進座劇場さんには頭が下がります。今後もぜひ続けて欲しいですね〜。

さて、ボクらが見たのはこの日の2回目・夜の回。演目は以下の通り。


ちなみに昼の回の演目はこちらでした。



鑑賞後は吉祥寺駅前の居酒屋へ。Sちゃん、Dさん、Jさん、Nきんとボクの5名で余韻を楽しみつつ反省会。ビールをたらふく飲んだ後は、一足先にお店を開ける為に新宿へ戻ったSちゃんを追いかけ皆で新宿G街へ。

気がつけば店で終電タイムを超え朝までコースを選んだ横浜在住のY嬢に付き合う形でボクも朝までコースへ。
朝9時すぎに店を出て寝に帰ろうと電車に乗った頃、携帯電話が鳴る。恐る恐る出てみると職場の同僚から「緊急対応で出勤要請です」と地獄の宣告。とほほ。。。そのまま睡魔を堪え、横浜の職場へ向かうはめに。日曜は寝れるという前提で夜を徹して起きていただけにショック大きすぎ(苦笑)。
仕事を終え、日曜夕方遅くに都内へ戻ってきた頃にはすっかりヌケガラ状態。月曜にはまた朝4時50分には家を出て仕事に向かうかと思うと・・・。

こんな時間まで飲んでしまった

  • 2009/11/04(水) 00:24:22

文化の日。柳家権太楼一門会を聴きに横浜にぎわい座へ行ってきました。


横浜にぎわい座を訪れるのは実は初めて。鉄筋コンクリートのしっかりした建物は寄席という雰囲気とは程遠く、実際に中に入ってみても演芸をちょくちょくやってくれるホールという趣。とはいえ、ゆったりと座れる席や、キレイで明るいホール内は清潔感もあり、好きな噺家さんをじっくりと楽しむにはそれなりに良い会場かもしれません。ちなみに、この日は地下階で横浜プロレスも開催されていた模様。お客さんがいたかどうかはわからないけど、むしろ落語よりも気になりました(笑)。

演目は以下の通り。



権太楼師匠の演目は「二番煎じ」。昨日、今日と急激に寒くなった東京・首都圏の今にピッタリの題目でした。もちろん、会場を沸かせまくりの素晴らしい出来。が、日頃から権太楼師匠の落語に接している僕としては当然欲が出るわけで、今回はマクラを含めて、相当にあっさりだったという気がしないでもありませんでした。

終演後は新宿へ舞い戻り、久しぶり?にモンスナックでチキンカレーを食した後、ご無沙汰していたG街へ。Kさんの店に19時に入り、プロ野球日本シリーズをラジオ観戦して最後はSちゃんのお店へ移動。気がつけば23時過ぎまで長居。
モンスナックのチキンカレー



明日(もう今日か・・・)は朝4時ちょっとすぎには起きなければならないのに(苦笑)。こんな時間に久しぶりにブログ更新していたりなんかして。我ながらバカですね。

というわけで、落語はやっぱいいよね、ということが言いたいだけの書き込みでした(笑)。

追伸
ヤッキーさま、Sちゃんのお店にてご馳走になりました。
いつも申し訳ないです。ありがとうございます〜m(_ _)m