明日で仕事納め〜

  • 2007/12/27(木) 20:33:36

今週も気がつけばあと1日、明日で仕事納めとなる。
バタバタと忙しくブログもほったらかし気味。
以下、最近の記録ってことで。

23日(日)。毎年恒例のOさん宅での有馬記念パーティ開催。14時前から乗り込み、ワイン片手に有馬記念の予想。レースを前にメンバーがゾロゾロと集まってくる。そして大画面TVを見ながら馬券購入。レースは期待に反して(?)マツリダゴッホが1着。サムソンもウォッカもポップロックもこない。が、僕はダイワ2頭とメイショウサムソンを狙っていたため枠連GET!やったねっ! 他にはSさんが単勝的中!
レース後は、みんな宴会モード。豪勢な食事に大量の酒・アルコール。大いに酔っぱらう。宴会後も中野駅前に移動して有志でカラオケ。もう記憶も途中から定かでなくなりました(笑)。




24日(月)。前日、結局カラオケの後、始発待ち飲みにも付き合った僕はすっかりヘロヘロ。朝方帰宅して仮眠して起きたらもう昼。昼食には、以前Oさんが四国出張のお土産に買ってきてくれた「徳島ラーメン東大」を食す。まいうー。




24日夜。ジャガイモを薄くスライスして揚げてみた。独りクリスマスイブ。さびしー。っていうか、体調イマイチ。


25日昼。仕事の区切りがつかずランチを食べたのは17時直前。時間も時間なので近くの「つけ麺屋やすべえ」にていつもの辛みつけ麺・辛さダブルにて。


26日昼。「金飩家」にて「から揚げカレーうどん(赤)」(780円)の辛辛(+50円)トッピングを注文。大きな唐揚げが5個も入っている。グツグツと熱い!そして辛い!


DVD「俺は、君のためにこそ死ににいく」

  • 2007/12/24(月) 23:39:52

作品名:「俺は、君のためにこそ死ににいく」
監督:新城卓
脚本・制作総指揮:石原慎太郎
音楽:佐藤直紀
主題歌:B'z「永遠の翼」
出演:岸惠子、徳重聡、窪塚洋介、筒井道隆、多部未華子、前川泰之、中村友也、渡辺大、木村昇、蓮ハルク、宮下裕治、田中伸一、古畑勝隆、矢柴俊博、中越典子、桜井幸子、戸田菜穂、宮崎美子、寺田農、勝野雅奈恵、中原丈雄、遠藤憲一、江守徹、長門裕之、石橋蓮司、勝野洋、的場浩司、伊武雅刀、etc.
[2007年/日本/135分]

DVD観賞。

終戦間近の昭和19年、20年。日本軍は戦闘機に250キロの爆弾を搭載して敵艦に体当たりする特別攻撃隊を編成。鹿児島県・知覧町にある知覧飛行場が陸軍の特攻基地となった。数多くの若き特攻隊員がやってきて、そして439名が飛び立っていった。
当地には軍指定の富屋食堂があり、その店主である鳥濱トメ(岸恵子)とその家族は、多くの若き特攻隊員らを温かく迎え、鳥濱トメは彼らから母のように慕われていた。
特攻として散っていた彼らが何を思い、そして彼らの家族や兄弟、恋人たちがどんな思いでいたのか。鳥濱トメの語りによってその思いや哀しい歴史がよみがえる・・・。

そうそうたる役者が多数出演。そして、特攻機を作ったり、発砲シーンを海外で実際に撮影するなど、総製作費18億円をかけた意欲作。が、なんとも無駄遣いという気がしてならない。史実を知り、二度と繰り返してはならない戦争の怖さと悲しみを描く方法としてはあまりにも判りやすく安易ではなかったか。135分という長さの中でも十分に描ききれていない特攻隊員一人一人の心の内。作品としては予想通り残念な出来だった。

とはいえ、こんな悲しい出来事が、この日本でほんの何十年か前に起こっていたという事実を再認識するという意味では観ていて損はない。平和ボケしている現在の日本に生まれた戦後世代も、愛する者のために死んでいった若者の壮絶な生き様を忘れてはならない。

ちょい役だが整備員として出演している矢柴俊博が目に付いた。なんのことはない、昔よく芝居を観ていた頃に気になった役者さんだったからだ。あっ、こんなところに出てたんだ、CMのパパ役以外にも結構がんばってんのね、と。

一度は知覧を訪れてみたい。本作を見たことが直接の理由ではないが、そう思っている。

公式HP:http://www.chiran1945.jp/

俺は、君のためにこそ死ににいく

年越しの日本酒が届く

  • 2007/12/23(日) 02:25:33

本日(22日)、友人Kより頼んでいた年越し・年末年始用の日本酒が届く。
毎年、日本酒関係の仕事についている彼に銘柄含めてお任せし、適当に見繕ってもらっているのだが、今年はどんな酒が届くのかな〜と楽しみにしているのだ。(去年の酒は⇒これでした)

どれどれ。さっそく開封。ダンボールには4本の日本酒。

そのうちの1本は何やら上等な箱に入っていて高級品オーラを発している。「酔富大吟醸・垂涎乃的」。すいふ・だいぎんじょう・すいえんのまと。おー!なんだかよくわからないが感動(笑)。


つづく3本も取り出して眺める。写真の左から順に、「特別純米酒・秋あがり」、「特別純米酒 垂涎乃的 吟醸造り 原酒ひやおろし」、「純米酒・きぬひかり」。写真中央の「原酒ひやおろし」には「限定品」の文字も見える。うーむ、酔いそうだ。


いずれも「常陸の国」茨城の酔富銘醸(株)の酒で南部杜氏による酒。酔富(すいふ)って多分飲んだことないなー。どんな味か今から楽しみ♪

日本酒好きの父親と年末年始は酔っ払いモードだな、こりゃ(^^;)。

最近の食事記録。

  • 2007/12/22(土) 23:58:47

未曾有の金欠状態、とりあえず回避。というのも、21日(金)に1週間も前倒しで今月の給料が支払われたのだ(^^;)。今月も銀行から「自動融資」がほぼ確定気味だったのだがなんとか土俵際で踏みとどまった。
(知っとく情報:銀行の残高が足りず『自動融資』を受けてしまった場合、のちほど銀行から『ご返済 XXガツブン』という形で自動的に引かれます。)

右奥歯の詰物が取れてからすでに数週間。ぽっかりと穴の開いたままの奥歯だったが、これでやっと歯医者に行ける?!(^^;)
口内の右側をかばった食事&偏った食事のせいで現在、口の中はタダレ気味でボロボロ。健康的な生活をするにはやっぱり金がいるのだねぇ〜としみじみ。

それはそうと、1週間前に手にした給料も通常の生活スタイルで使えばまた翌月に同じ轍を踏む(苦笑)。しかも来年夏には家賃の更新も待っている。貯金ゼロの今、毎月積み立てて貯金をせねば住処を失う。「ネットカフェ難民」化を避けたい。今の貧困我慢生活を取り入れつつ(^^;)、細々と積み立てすることを心に誓う。

最近の食事記録を遡る。



22日夜。キャベツの八丁味噌炒め。昼の残りの味噌汁。チャーハンの素を使ったチャーハン。
「キャベツの八丁味噌炒め」といっても本当にただキャベツのみを八丁味噌と塩コショウで炒めただけのもの。フライパンをめちゃくちゃ焦がす。

22日朝食兼昼食。ナスとキャベツ入り味噌汁。久々にご飯も炊く。余計に炊いた分は冷凍庫で保存。

21日夜。飲みに行きたい気持ちを抑えまっすぐ帰宅。辛ラーメンのカップ麺で終了。


21日昼。店の名前は忘れたが、この日の日替わりメニューを注文。メインのおかずはチャーシュー。甘タレとマッチした旨い一品。ボリュームもたっぷりでなんと600円(通常は700円だが、現在は期間限定価格)。


20日夜。なし。抜いた(^^;)。

20日昼。高田馬場・カリーライス専門店「エチオピア」のチキンカリー(880円)を辛さ5倍で。ちなみに一緒に行った職場のSさんはゼロ倍(一般的な中辛口)、Oさんはなんと66倍(店では70倍まで頼むことが可能です)。サラダかドリンクが1品付くので豆サラダを選択。久しぶりのエチオピアでしたが、やっぱり旨いね。そしてボリュームも十分で満腹になりました。
カリーライス専門店「エチオピア」のチキンカリー(880円)

豆サラダ。3種類のインド豆とツナとコーンが入ったサラダです

19日夜。韓国のカップ麺。特価品で60円。それにしても、なんて書いてあるのかわからない。味はかすかにピリ辛。ウマくはないが、マズくもない(^^;)。


18日夜。蕎麦を茹で、ざるにて。饂飩派の僕にしては珍しいが、先日の山形出張の際に買ってきたもの。乾麺だが、それなりにコシのある食感。


年賀状制作遅れてます。

  • 2007/12/22(土) 23:37:49

3連休の初日。日ごろの疲れがあったのか前日早めに寝たにも関わらず起きたのは9時過ぎ。爆睡だったが悪い夢で起きたので起きたそばから精神的にグッタリ。

昨年に引き続き、今年も暖房ゼロで冬を乗り切ろうと画策する我が部屋は流石に寒い。めっぽう暑さに弱い僕に夏のエアコンは必須だが、冬は着込んで布団にくるまっていれば良いのでエアコンは不要。
電源抜いてます


そんなわけで今日は午前中から布団にくるまりながらパソコンでひたすら住所録打ち。HDD故障で失った住所録データはもう戻ってこない。仕方なく今年の元旦に届いた年賀状を引っ張り出し、すべて入力し直しているわけ。あぁ、めんどくさい。

年賀状はプリンタから印刷するとはいえ、一言手書きで添えたいし、こりゃ1日に届くように出せるかな。無理かも。

プレゼント当選♪

  • 2007/12/20(木) 18:14:57

やったね。奥田瑛二監督作品「風の外側」の映画鑑賞券が当たりました。うれしい♪


この映画、奥田ファミリー勢揃いなんですよね。次女・安藤サクラが主演。奥さん・安藤和津も出演しているし、長女は本作の助監督なんだとか。仲の良い家族、順調です、みたいな感じでしょうか(笑)。

映画に関係ないですが、奥田瑛二氏ってブログやっているんですね。僕の中の勝手なイメージでは、ハードで野性味溢れるイメージ。なので、パソコンの前でパコパコとブログを打っている彼のイメージが想像できないんですが・・・。