DVD「ラブレター蒼恋歌」

  • 2007/09/25(火) 12:59:27

作品名:「ラブレター蒼恋歌」
監督:丹野雅仁
脚本:龍一朗、松枝佳紀、土佐間暢大
音楽:神尾憲一
挿入歌:「ラブレター」(THE BLUE HEARTS)
出演:石垣佑磨、本仮屋ユイカ、工藤里紗、奥野敦士、正城慎太郎、細川智三(hash)、森羅万象、渡来敏之、広岡由里子、田口萌、田口トモロヲ、寺島進、etc.
[2006年/日本/95分]

DVDにて鑑賞。

ブルーハーツの名曲「ラブレター」を使った作品ということで見たわけですが・・・ひっさしぶりに酷いダメ作品を観た気分になりました。

映画に見えない。酷いテレビドラマ並みのストーリー展開、映像、演技。

時間を返せ!と思わず絶叫したくなる駄作。







江戸前鯊にビールな三連休最終日♪

  • 2007/09/24(月) 22:44:05

この週末も結局慌しく過ごしてしまった。以下、本日の記録。

24日(月)。5時前起床。そそくさと釣り道具をバックに忍ばせ、電車に乗って原木中山へ。目指すは江戸川用水路。8月に行った鯊(ハゼ)釣りのリベンジがしたくて一人で鯊釣りに行ったのだった(^^;)。

6時半前にはボート屋に到着。3500円のボートを借りて、500円のアオイソメを購入し、釣り開始。天気が心配だったが結局雨は降らず始終どんより。ポツリポツリと釣れはするものの期待する10cm以上のサイズはなかなか釣れず。昼も食べずにボート上で7時間ほど釣り三昧の後、納竿。結局小さなハゼを含めて50匹程度の釣果。残念ながら雨模様の天気を用心してデジカメは持参せず。よって写真なし!
寄り道することなくまっすぐ帰宅。

持ち帰った鯊クンたちを塩水に投入し、しばし置いておく。
その間に遅めの昼食をとる。この日のランチは土曜日にM姉さんから頂いた「職人稗田の博多豚骨拉麺」。かの即席麺の有名老舗メーカー「味のマルタイ」が作ったちょっとリッチな即席麺だ。
職人稗田の博多豚骨拉麺

2人前入っているパッケージを開封すると、中には、「味のマルタイ」ならではの棒状の乾麺と4種類の袋(ネギ・ゴマ、粉末スープ、調味油、液体スープ)。


M姉さんオススメのキャベツを投入し、1食分をおいしく頂きました。下の写真は、液体スープを入れる直前のもの。液体スープをまぜいれることでコクと旨みが倍増。ホント、まいう〜♪ もう一食分も近々頂きます♪ M夫妻にただただ感謝ッス!
この写真は、液体スープを入れる直前のもの。

満腹になったところで鯊の調理・下準備に取り掛かる。まずは塩でよくもみ洗いしてぬめりを取る。・・・が、結構な数の鯊クンが生きているおかげで、悪戦苦闘。なんだか可哀想で(^^;)。とりあえず下の写真が塩洗い完了!の写真。まだ一部の鯊クンは生きてます。
生きてる鯊クンに悪戦苦闘しながらなんとか塩洗い完了!の写真。

その後、1匹ずつ、ウロコを落として、頭と内蔵を切り取って、水洗いをして水気を取るという作業に。とにかく小さいサイズな上に数が多いので小一時間ほどかかっただろうか。大変だった〜。
頭と内蔵部分を

鯊は水分を十分に取って夕飯タイムまで一旦冷蔵庫に入れておく。

ボーッとしている間にお腹が空いてきた。というか、早く飲みたくなってきた。という訳で夕飯の準備開始。ニンジンとピーマンを切り、水で溶くだけでOKな天麩羅粉の準備ができたところで、油に点火。鯊と野菜を揚げ始める。


一人、部屋で酒を飲むことは滅多にしないおいらだが、流石に鯊の天麩羅(っていうかほとんど唐揚げですが(^^;))となれば話は別。サクサクッと香ばしく、流石にウマイッ!ビールもうまいっ!


揚げる衣は2回に分けて、前半はノーマルで、後半はカレー粉を加えて、楽しみました。写真ではいまいちわからないけど、下の写真はカレー粉が入ったバージョン。こちらもウマイっ!


実は今月はいろいろと出費がかさみ、ついに一文無し状態。最後の晩餐、楽しみました(^^;)。給料までのあと1週間、なんとか食い繋ぎます〜(苦笑)。

筋肉痛ニモマケズ、口内炎ニモマケズ・・・

  • 2007/09/18(火) 15:59:18

連休明けの火曜日だというのに、とっても疲労感たっぷり。おまけに、金欠も手伝って食生活も偏り気味。土曜にやった草野球、日曜に乗ったチャリのせいか筋肉痛。さらに口内炎も大きいのが1つ。

今日のランチは久しぶりに高田馬場・大勝軒へ。麺の量や辛さの選択肢がわかりやすく掲示されている。辛みトリプルって以前はなかった気がするけど。


口内炎にもめげず、あつもりの麺少なめの辛みトリプルを注文。が、流石に食べはじめると熱さと辛さで痛いのなんのって・・・。顔をしかめ悶えながら食べていた客がいたとしたら間違いなくワタシです。


以下、週末生活記録。



17日。3連休最終日。朝5時に起床。ハゼ釣りにでも行こうかと準備を始めるも財布の中を見て断念。終日部屋で引きこもり、映画鑑賞三昧。食事は辛ラーメンと菓子。ぐすん。

16日。3連休中日。日中は暑さをさけ部屋に引きこもり。夕方前に、暇持て余しチャリで中野区・杉並区を迷走。ぐったり。昼も夜も焼きそば。もう飽きた。


15日。3連休初日。朝9時から草野球に参加。暑さですぐにバテる。参加メンバーと野球後はお決まりの打ち上げ飲みを駅前の中華料理屋にて。
その後、久しぶりにインスタントラーメン屋「さくら」に寄り、「白クマ塩ラーメン」(製造元:藤原製麺)を注文。細麺と思った以上にさっぱりとした塩味スープがおいしゅうございました。ちなみにこの藤原製麺っつーところは結構手広くやっているところらしく、「さくら」オリジナルのインスタントラーメンを作っているのも実はここだったりするのだ。

ピンボケしまくりですが、これが「白クマ塩ラーメン」のパッケージ。わかります? 「さくら」で食べる「白クマ塩ラーメン」

同日の夕方には浜松町へ。劇団四季のミュージカルを楽しんできました。鑑賞後は、運動不足解消も兼ねて(?)、わざわざ劇団四季の劇場前から新橋駅まで歩いてみたりして。晩飯は新橋駅前の「カレキチ」新橋店にて、スタミナ生姜焼きカレー。正直、カレールーのおかげで生姜焼きの味はよくわからないが(笑)、生卵がマイルドでマイウーです。ホントはルーが激辛だといいんだけどね。
「カレキチ」のスタミナ生姜焼きカレー

DVD「キャッチボール屋」

  • 2007/09/18(火) 00:41:38

作品名:「キャッチボール屋」
監督:大崎章
脚本:足立紳
音楽:SAKEROCK
挿入歌:「夢先案内人」(唄:山口百恵)
出演:大森南朋、キタキマユ、寺島進、松重豊、光石研、水橋研二、内田春菊、庵野秀明、三浦誠己、康すおん、峰岸徹、キム・ホジョン、貴紫いち子、梶原阿貴、日向丈、眞島秀和、山地健仁、熱田佐武、藤村あさみ、浜崎茜、浜上竜也、etc.
[2005年/日本/105分]

映画館で見たいと思っていた作品。やっと見ることができました、DVDだけど。

リストラされ職を失った30代の男・大山タカシ(大森南朋)。田舎に帰り、高校時代の野球部の仲間らと飲んで大酔っ払い状態で東京へ戻ってきた翌日。目覚めるとそこは公園のベンチ。公園内には10分100円の看板を掲げた「キャッチボール屋」の姿が。
気がつけばキャッチボール屋をしていた男(庵野秀明)はタカシに代理を頼みいなくなっていた。そして、タカシは訳もわからないままに「キャッチボール屋」をやるハメに・・・。

どこかに忘れてきた思い、さまざまな過去。そんな、どこか不器用で、悩み大き大人たちが公園でキャッチボール屋とキャッチボールをすることで、少しずつ変わっていく、再生していく。キャッチボールというコミュニケーションを通して、人が人と触れ合い、「何か」を取り戻す。

私自身、草野球をたまにやるようになって感じた「たかがキャッチボール、されどキャッチボール」。キャッチボールって相手と向き合って、相手の正面にしっかりボールを投げること、そして、しっかりと受け止めることが重要なんだよね。
街中の普通の公園っていうのがいいよね。シンプルにキャッチボールっていうのがまたいいよね。最近じゃ、公園でのキャッチボールをやっている姿なんてなかなかお目にかかれない。昔は当たり前の見慣れた風景だったはずなんだけど。

そんな訳で、映画の中のキャッチボールのやりとり、彼らの姿を通して、見ているこちら側までがなんとなーく癒され、元気になることができる。そんな素敵な映画でした。

蛇足だけど、本作品の後援に「キャッチボールのできる公園づくり推進会」という名前を発見。なんか笑っちゃいけないけど、思わず苦笑してしまった。それはそうとして、ホント、マジにそんな公園がもっと増えて欲しいぞ!と。

野球を知らなくても、野球を好きじゃなくても楽しめる癒し映画です。お試しあれ。

公式HP:http://www.bitters.co.jp/ball/index.html

キャッチボール屋





DVD「ハチミツとクローバー」

  • 2007/09/17(月) 21:32:53

作品名:「ハチミツとクローバー」
監督:高田雅博
原作:羽海野チカ
脚本:河原雅彦、高田雅博
音楽:菅野よう子
出演:櫻井翔、伊勢谷友介、蒼井優、加瀬亮、関めぐみ、堺雅人、西田尚美、堀部圭亮、宮崎吐夢、銀粉蝶、中村獅童、利重剛、春田純一、清水ゆみ、池田鉄洋、真島啓、浜野謙太、田辺誠一、etc.
[2006年/日本/116分]

DVD観賞。

原作は当然読んだこともないが、漫画らしい。近年は漫画原作のドラマや映画が多すぎて閉口気味だが、本作品も同様。が、蒼井優みたさにチャレンジ(笑)。

まさに漫画の世界を地で行くような映画でした。と言っても、多分原作の良さを超えることはないのだろうが。
「恋に落ちる瞬間を初めて見てしまった」というコピーからもわかるように、とにかく恥ずかしいほどの青春恋愛ドラマ。さまざまな片思いが入り乱れ、青春がほとばしる。

美大を舞台にすると、やっぱり描き方としてはああなってしまうものなのか。車を飛ばして海へ、というシーンも見ていてなんだか恥ずかしい。なんだか「いかにも」という安っぽさがあちこちに見えてしまって、見ていて痛い。役者は頑張っていたと思うが、なんだか可哀想に思えてしまった。美大を舞台にした作品の悪い面が作り手のセンスの悪さと相まって際立ってしまったような気がしないでもない。

蒼井優が演じた「花本はぐみ」。「はぐみ」だから周囲からは「はぐちゃん」と呼ばれる。うーむ、かわいい響き。が、なんだか人間というよりは犬に思えてしまう。「犬」的可愛らしさと蒼井優の魅力が相まって見るものを混乱させる(笑)。

世間では「ハチミツとクローバー」のことをハチクロと略すらしい。ハチクロと聞いて、忠犬ハチ公とユニクロが思い浮かんでしまった私。「はぐちゃん」という名前と映画の中の美大の安っぽいカラフルさに惑わされてしまったのだろうか。

若気の至りでぜひご覧あれ(^^;)。
公式HP:www.hachikuro.jp





劇団四季「ウェストサイド物語 WEST SIDE STORY」

  • 2007/09/16(日) 03:20:15

四季劇場[秋] 前売C席3150円(四季会員価格)
演出:浅利慶太
翻訳:倉橋健
音楽:レナード・バーンスタイン

出演:

ジェット団(The Jets)
リフ 松島勇気         グラジェラ 高倉恵美
トニー 阿久津陽一郎      ヴェルマ 恒川愛
アクション 西尾健治      クラリス 駅田郁美
A-ラブ 大塚道人        ポーリン ソンインミ 
ベイビー・ジョーン 厂原時也  ミニー 荒木舞
スノーボーイ 岩崎晋也     エニイ・ボディズ 磯津ひろみ
ビッグ・ディール 萩原隆匡 
ディーゼール 朱涛
ジーター 青羽剛

シャーク団(The Sharks)
マリア 笠松はる      ベルナルド 加藤敬二
アニタ 樋口麻美      チノ 中村匠
ロザリア 鈴木由佳乃    ぺぺ 水原俊
コンスェーロ 加藤久美子  インディオ 神谷凌
テレシタ 泉春花      アンクシャス 徳永義満
フランシスカ 大口朋子   ファノ 内御堂真
エステラ 榊原央絵     ニブルス 横山清崇
マルガリータ 室井優

大人たち(The Adults)
ドック 立岡晃
シュランク 山口嘉三(劇団昴)
クラプキ 牧野公昭 
グラッド・ハンド 青羽剛

第2幕第1場(somewhere)
ソプラノ・ソロ 久居史子
コンダクター 河合尚市


9月15日夜観賞。席はC席でリーズナブルに観賞。流石にC席、ステージがはるか彼方に見える。しかも視線の方向はかなり下方。致し方なし。

ウェストサイド物語は、ご存知、ニューヨークダウンタウンのウエストサイドを舞台に、イタリア系アメリカ人のジェット団とプエルトリコ移民のシャーク団の対立を描いた作品。そして対立関係の中、元ジェット団のリーダーのトニーとベルナルドの妹のマリアが許されない恋に落ちる。少年たちの対立は?そして悲しい恋の結末が・・・。

もともと映画で見て大好きになった作品。もちろん原作はオリジナルミュージカルということになるが、音楽とダンスがこれだけ見事に一体化されているストリート作品は少ないんじゃないかなぁ。僕は、何より心に響くバーンスタインの音楽がお気に入り。学生時代にはサントラCDを聴き倒していたなぁ。しっかり映画DVDも持っていたりする。過去に来日したミュージカルなどでも何作か見たことはあったが、実は四季版はお初。という訳で、キャストも含めて大いに期待して観に行きました。

大半は原作に忠実に仕上げられていますね(「アメリカ」は映画では女対男の図式で展開されていますが、四季版では女性のみでしたが)。テープではなく生演奏なのがまた良い雰囲気。が、流石に映画版のサントラを聴きなれていたこともあり、日本語訳詞の歌の一部には違和感も感じることも。まあしょうがないけど(笑)。

リフ役の松島勇気、アニタ役の樋口麻美、ベルナルド役の加藤敬二などは流石の安定感、そして存在感。
なにしろC席だったので、舞台上の役者の細かい表情等は見えませんでしたが、マリア役の笠松はる嬢は良かった。かなり歌上手いのでは。まだ若手の若手?
一方、ちょっと残念なのはトニー役の阿久津陽一郎。なんというか、歌の部分で少々難有りかなと。まあ好みの問題なのでしょうが(^^;)。

そのうちまた1F前席でじっくり見てみたいものです(^^)。