今日もまた終わらない〜・・・、あっ、仕事のことね。

  • 2007/01/31(水) 23:32:58

現在23時半間近。職場で仕事中。流石にもう今日はやめた。
このブログ書き込みを終えたら帰ります。今日は夕飯抜き決定か(苦笑)。

以下、食事記録から。

昨日(30日)は夕方から客先で打合せ。その後、池袋でお客さんと共に居酒屋飲み突入。結構飲んだ気がする。写真は最後に入った沖縄料理のお店のナーベラー(ヘチマ)。旨いやね。結局店を出たのは日にちが31日に変わった頃。
最後に入った沖縄料理のお店にてナーベラー。

なんとか電車を乗り継ぎ最寄り駅にたどり着く。酔いが酷く、ところどころの記憶がない。そんな状態で、どうやら富士蕎麦でうどんを食べたらしい。写真が残っていた(苦笑)。おそるべし、酔っ払い。
富士蕎麦のうどん。これ何うどんだろう?食べた記憶がいまいち・・・(苦笑)


本日(31日)のランチ。高田馬場「一毛」にて日替わりチャーハンのセット。結構な盛りで出てくるので食いしん坊にはお薦め。生憎今日は二日酔い明けだったので大変でした、完食するの。
高田馬場「一毛」にて日替わりチャーハンのセット。ボリュームたっぷり。700円。

この店のセットについてくる杏仁豆腐は何よりもお薦め。うまいっす。
セットの中のデザートである杏仁豆腐。これが何よりも旨いんです。


明日も早く起きて仕事するか・・・。

とほほな月曜日。

  • 2007/01/29(月) 22:19:38

現在まだ職場。そろそろ頭もウニ気味なので諦めて帰ろうかと思っている。席の横にはなぜかビール缶が。もちろん飲んでない。

夕飯どうしようかな。

今日は仕事を切り上げて映画鑑賞でもと目論んでいたのだがダメだった。夕方から2件電話が入ってしまい対応しているうちに映画開始時間には間に合わないことに。割り切って終わらない仕事に取り組む。映画、明日は行けるといいなぁ〜。

取り組み中の仕事、あーでもない、こーでもない、と悪戦苦闘中。期限までに終わればいいのだが大丈夫か?!

とほほ。

眼の疲労のせいか、肩が猛烈に凝っている。肩凝りのせいで吐き気も。

とほほ。

あぁ、帰ろう。そうさ、帰ろう。

さあて、夕飯どうしたものか。


(今日のランチ)
出前を取った。中国菜館「敦煌」のワンタンメン580円。写真のネギが飛びちり気味なのは出前で揺れたから。味は・・・ラーメンとしては微妙かなぁ。ワンタンも期待に反して・・・(^^;)。
出前でとった「敦煌」のワンタンメン580円。麺が・・・

DVD「ロード88」

  • 2007/01/29(月) 08:06:28

作品名:「ロード88 出会い路、四国へ」
監督:中村幻児
脚本:梅村真也、中村幻児
音楽:遠藤浩二
出演:村川絵梨、小倉久寛、須藤理彩、津田寛治、黒田福美、川上麻衣子、ニコラス・ペタス、高松英郎、神山繁、富田靖子、三宅裕司、岸谷五朗、寺脇康文、新藤晴一、長谷川初範、etc.
[2004年/日本/110分]

レンタルDVDにて観賞。

骨髄性白血病である女子高生・明日香(村上絵梨)はスケボーを片手に四国88か所のお遍路の旅に出る。彼女はどんな思い、願いを持ってお遍路の旅を続けるのか・・・。そしてそこで出会うさまざまな過去を持つ人たちとの交流を通して皆何かが変わっていく・・・。

アミューズ25周年記念映画。アミューズ好きのおいらにはたまらない(笑)。それにしてもコテコテなストーリー。キャラクターの設定やその描き方もいかにもわざとらしい。役者陣も決して演技力が高いとは言えずその完成度には不満さえ感じさせる。とりわけ、お笑い芸人・佐藤勇太(小倉久寛)と彼を取り巻く撮影隊メンバーのシーンなどは時に痛い気分にも・・・。

とはいえ、作品の中で映し出される四国の自然やお寺などの風景が素晴らしく、そしてそこに存在する人々の温かみが感じられる。さらに主人公を演じる村上絵梨のピュアな存在感が加わり、いつしか実に爽やかな気分で観れてしまうのだ。あれだけ目障りなお笑い芸人・佐藤勇太が良いアクセントに感じられてくるのだ。実に不思議。

三宅裕二率いる劇団スーパーエキセントリックシアター(SET)の役者が多数参加している本作はSETファンにはたまらないものがあるが、一般的には、どーでもいいですよ♪って感じかな(苦笑)。

エンドロール後に骨髄バンクからのメッセージが入っているのがちょっと・・・。これは映画館でもやっぱり入っていたものなのだろうか。この手の映画でそこまでやられちゃうと善意の押し売りみたいで・・・。

特にお薦めというほどではないが、四国巡礼の旅を考えている人、考えてみたいという人はぜひご覧あれ!

公式HP:http://www.gaga.ne.jp/road88/top.html
ロード88





くたくたの週末。

  • 2007/01/28(日) 20:36:04

この週末も大いに遊んでしまった。

26日(金)。職場で缶ビールを1本あけた後(^^;)、今週末でお店を卒業するMちゃんのお店へ。OさんがメインとなりNさんとおいらもあいのりさせてもらう形で花束をプレゼント。お店で飲み始めるとすぐにYちゃん来店、合流。
1軒目。翌日の27日で最後だというMちゃんのお店へOさん、Nさんと共に呑みにいく。

その後、4人でHちゃんがスタッフとして働いているお店へ移動。
2軒目。Hちゃんはシャカシャカとさまざまな酒を作っていた。プロやねぇ〜。

そして3軒目。ダーツをやるか!という話になり2軒ほど回ったが結局どこも混んでいて断念。お約束の流れでゴールデン街へ。何を飲んだのだろうか、かなりヘロヘロになっており、ほとんど覚えていない。が、真面目な話をいくつかしていたことは覚えている(^^;)。
すっかりいい時間になったが最後はいつものSちゃんのお店へ。そして当然の如く撃沈、酒も進まず落ちる、眠る(^^;)。Sちゃん、毎回スイマセン。朝方になりなんとか復活、結局朝6時半ぐらい(?)に店を出る。Yちゃん、ご馳走様でした。電車に乗り朝帰り帰宅も、寝過ごして乗り過ごす。お約束(苦笑)。

27日(土)。昼過ぎに一度目覚める。当然二日酔い。が、なぜか猛烈に腹が空いていた。という訳で、カトキチの「仙台辛味噌ラーメン」を食べる。ノンフライ麺はモチモチとした食感。味噌味のスープはピリリと辛い。最近稀に見るヒット作かも。旨い。食べ終わってから気がついたが熱湯入れて4分待つラーメンだったのね。知らないで3分ちょっとで食べていた気がする。これが正解だったのか?!
カトキチの「仙台辛味噌ラーメン」。はっきり言って旨い!

食事後、動くのもダルいぐらいに調子が悪いので、競馬もやりつつ布団の中で浅い眠りを繰り返す。
夕方、弟クンのTELで目覚める。一緒に飲むことに。ゲッ、金がない。家賃の一部に手を付ける勢いで銀行から引き落としつつ(苦笑)、新宿へ向う。
1軒目は新宿3丁目の居酒屋。体調不良で全然酒が進まない。気持ち顔色も血の気がない感じ。貧血? 酒抑えつつ、牡蠣フライ、ゴマ豆腐など栄養ありそうなメニューをチョイス。
2軒目は昨日に引き続きMちゃんのお店へ。昨日飲みきれなかったボトル2本の残りを空けるつもりだったが、こんな体調ではやはり無理でした(苦笑)。お疲れ様でした、M子ちゃん!
さあて、これで帰ると思うなかれ。我が弟クンと歌舞伎町へ移動しボーリングの相手をすることに。大丈夫か、おいら(^^;)。結局4ゲームやるもスコアは散々でした・・・。
歌舞伎町にボーリング兄弟現る。写真は弟クンの後姿。

ボーリングを終え、23時。翌日も朝から仕事だという弟クンと別れた後、独りで「ザボン」へ向う。ボーリングしていたら何だかお腹が空いてきちゃったんだよねー。ネギラーメン(950円)を食べてから帰ることに。やっぱ旨いやね。
ザボンのネギラーメン。

28日(日)。映画を見に行くつもりだったがそんなパワーなし(^^;)。ひたすら終日寝ることにした。栄養補給を兼ねて、久しぶりに調理。食材として残っていたニンジン、玉葱、じゃが芋を辛み調味料で炒める。かなりピリ辛の味に。マイウ〜♪ レンジでチン!なご飯で半分をいただく。残り半分は夕飯で食べるラーメンの具にすることに。
かなりピリカラの味。まあまあ。玉葱を十分に炒めて甘みがでると丁度良い感じに。

寝て、起きて、競馬して、寝て、起きて、競馬して、・・・、を繰り返す。競馬はメインレースを外したものの、収支はなんとかプラス。良かった。昨日の飲み代の補填ぐらいにはなりました(^^;)。

日中、インターネットで劇団四季情報を収集。人から頼まれているライオンキングの1件と、おいらが発起人となって計画中のCATS観劇ツアーのスケジュール調査が目的。ところが、金欠も甚だしい状況だというのに、気がつけば5月のとある日のCATSのチケを1枚購入してしまいました。だって、行っても行っても行き足りないんだもん。馬鹿ですね、我ながら(^^;)。

さて夕飯は韓国インスタントラーメン。牛骨スープのラーメン。コムタンってやつですね。韓国ラーメンにしては数少ない(?)まったく辛くないスープ。
今日の夕飯はコレ。

昼に作った具材を乗せて頂きました。まいう〜♪


蓄積した疲労の回復が思うように進まない。うーん、困ったねぇ。明日以降も気をつけなきゃ。。。

今日の1曲。一青窈「もらい泣き」
飽きずに聴き続けているアルバム「BESTYO(ベスチョ)」の中の1曲。やっぱいいね。それにしても金曜に不倫愛だとか略奪愛だとかで一躍話題になっちゃいましたよね。うーん、複雑な心境。

朝帰り・・・職場へ。

  • 2007/01/26(金) 10:37:08

昨晩は歌舞伎町で「鉄コン筋クリート」を観た後、新宿西口のしょんべん横丁(思い出横丁?やきとり横丁?)へ移動し第二宝来屋へ。
映画の感想やくだらない話を肴に安酒をあおる。それにしても子袋刺しは旨かった!
宝来屋の子袋刺し(420円)

気がつけば24時。とりあえず店を出る。
閉店時間になったのか、明かりの落ちた第二宝来屋の店頭。

Sさんと共にその足でゴールデン街へ移動。今年初めてKさんのお店へ。結局ダラダラと飲んだくれ気がつけば朝4時近く。やべー、飲みすぎた。家に帰って寝たら起きれない。仕方なく、タクシーで職場へ朝帰り(?)。そして職場で仮眠。寒くて目覚める。二日酔い。あぁ、最低なおいら。

そんなわけで今日もフラフラしながら仕事モード。ってブログ書いてるけど(^^;)。

ちなみに昨日25日ランチ。昼時だったためにめちゃくちゃ込んでいた。頼むメニューはいつものごとく。体調もバッチリだったので辛タレをダブルで。
大勝軒にて「あつもり」を麺少なめ(330g)の辛たれダブルで。

「鉄コン筋クリート」

  • 2007/01/26(金) 10:09:34

作品名:鉄コン筋クリート
監督:マイケル・アリアス
脚本:アンソニー・ワイントラーブ
原作:松本大洋
音楽:Plaid
主題歌:「或る街の群青」ASIAN KUNG-FU GENERATION
出演(声):二宮和也、蒼井優、伊勢谷友介、宮藤官九郎、大森南朋、岡田義徳、森三中、納谷六朗、西村知道、麦人、田中泯、本木雅弘、etc.
[2006年/日本/111分]

25日、仕事帰りに職場のSさんと一緒に歌舞伎町にて鑑賞。最終回での上演だったが劇場内は結構な人の入り。流石は松本大洋作品というべきか。

義理と人情、そしてどこか懐かしさの感じられる街「宝町」。そんな街に自由奔放に生きる孤児(?)の“ネコ”と呼ばれる2人の少年クロとシロがいた。そんな街にヤクザや暴力、再開発という名の波が押し寄せてくる。混沌が街を飲み込み何かが変わりつつあった・・・。

躍動感、飛翔感、鮮やかな色彩感。これまでのアニメとは一味違うそんな作品でもありました。独特のカメラワーク、ゆらゆらと揺れている感じやシロとクロの心の内側の描き方が実にいい。新鮮な感覚。

面白い。そして深い。大人が心底楽しめるアニメ。説明しずらいが短い言葉で感想を述べるとそうなる。そして(若干の贔屓目もあるが)圧倒的な存在感でシロの声を演じた蒼井優の素晴らしさに尽きる。彼女の演じたシロの声には独特の脱力感と共に絶対的な存在感があった。クレヨンしんちゃんのシンノスケの声やちびまるこちゃんの声を初めて聞いたときのような衝撃が走った(大袈裟!(笑))

それにしてもそれ以外も実に豪華な声優陣。クロ・イタチ(二宮和也)はもとより、脇を固める声優陣もスゴイ。再開発を推し進めようと乗り込んでくる不気味な男・蛇を元木雅弘。通称ネズミと呼ばれるよき時代のヤクザ・鈴木を田中泯。じっちゃ(納谷六朗)。ベテラン刑事・藤村(西村知道)。他にも、組長(麦人)。ヤクザ木村(伊勢谷友介)。不感症の若い刑事・沢田(宮藤官九郎)。チョコラ(大森南朋)。バニラ(岡田義徳)。etc.

お薦め。

公式HP:http://www.tekkon.net/